メニュー






銀行でお金借りる際の必要書類

銀行で融資してもらう際に色々と準備するものがあります。 例えばですが、印鑑は必ず必要です。 そして、身分証明書等必要なものは色々です。 銀行に電話で確認するなり、銀行のサイトを見ると確実です。 そして必要書類もありますので、準備しておく必要があります。 それはお金借りるときの審査の判断として重要となる収入を証明する書類です。 具体的には納税証明書や源泉徴収票です。 融資をする際に収入を証明する書類は必要になるケースがほとんどですので、用意しておきましょう。 同じお金借りるにも金額によっては納税証明書なども必要になりますが、納税証明書の取り方は税務署に行けば発行してもらえます。 納税証明書には数種類あり、納付税額の証明、所得金額の証明、所得税や消費税などに未納が無い事の証明、滞納処分を受けたことのない証明などです。 間違えてしまうと二度手間になってしまうので、このうちのどの書類を必要としているのかを確認しましょう。 お金借りる際の提出書類として必要となる場合もある源泉徴収票は、お勤めをしていて給与から税金を天引きされいる方でしたら、大抵は会社からもらっているケースが多いです。 仮に紛失してしまったと言う事であれば、経理や総務の方に言うと再発行してもらう事も可能です。 給与から天引きされている状態でない方でしたら、よく源泉徴収票の代わりに所得証明書を用いるケースもあるようなので、それでも良いか確認を取りましょう。 税務署に納税証明書を取りに行くのも、印鑑などが必要になる事が多いので、書類を取りに行く際もしっかりと確認をしましょう。 事前に何が必要なのかをしっかりとリサーチする事で手続きがスムーズにいきます。

東証株価指数TOPIXは日本の株価のベンチマーク

東京証券取引所、通称東証の株価の指標をベンチマークとして示す代表的なものに東証株価指数、通称TOPIXと日経平均株価があります。 日経平均株価はアメリカ、ニューヨークダウでも採用されているダウ式と呼ばれ、いくつかの代表的な銘柄をピックアップして指数化したものを指標としていますが、TOPIXは東証第一部上場株の時価総額の合計を指数化して指標としているのが特徴です。 二つの大きな違いで、ダウ式ではピックアップした中に大きく株価がぶれる銘柄があると、大きく指標が上下する可能性がありますが、全銘柄合計の場合には一つや二つの個別銘柄の影響は受けにくく、東京証券取引所の活況そのものがわかります。 例えば、昨今では震災による電力会社、民事再生による旧国営航空会社がピックアップされていました。 また何年か毎に銘柄の入れ替えのあるダウ方式は長い年月でのヒストリカルな指標にはなりません。 TOPIXの場合には指数の基準を1968年4月1日の時価総額を100として、現在値がどうかという指標となっていましので、約50年間の株価をヒストリカルに追えるのが特徴です。 ただし、当初は全発行株で指標計算していましたが、これには企業同士の株の持ち合いなども含まれてしまいます。 そうなるとダブルカウントが生じやすく、実際よりも時価総額が大きくなってしまう恐れがありました。 そこで東証では株式市場に出回る可能性のある浮動株のみから計算する浮動株基準株価指数方式に2005年より変更しています。 これにより、東証の市場動向をより鮮明に示す指標となったわけです。



Copyright© 銀行でお金借りるには All Rights Reserved.